裾引き・腰下


裾引き(引き摺り、お引き)について

 

裾引きの歴史


「白妙の 袖振り交し 紅の 赤裳 裾引き」と山上憶良が万葉集で詠ったように、裾引きという言葉は奈良時代からありましたが、江戸時代の初期まで、着物は下の絵のように、つい丈といって『 おはしおり 』がない、身の丈調度に仕立てられた着物を着ていました。
 

湯女図
 

しかし江戸中期以降、着物の丈がだんだん長くなっていきます。
理由は、着物の丈が長くすることで、子供が成長しても同じ着物を着続けることができたり、背丈の違う人に着物を貸したりあげたりできるからだそうですが諸説あります。
 

国貞「浮世名異女図会」
 

ここで一つ困った問題が起こります。部屋の中で裾を引きずって着るのはまだ良いのですが、外に出て裾を引きずっていると着物が汚れてしまいます。

そんな時に「しごき」「しごき紐」「からげ紐」というものが登場します。

歌川豊国 画
 

上の絵の左端の女性が腰で結んでいる赤い紐がからげ紐です。

屋外では裾を引きあげてこの紐で括り、裾が地面につかないようにしていました。  

紐状のものや帯状のものがあり、色彩も柄も多様でこれもまた江戸のお洒落の一つだったようです。

 

下の図ではしごき紐やからげ紐を使用せず、着物の裾を左手で持って歩いています。
これを『左褄をとる』と言います。  

これが裾引きを着る芸者さんのことを「左褄」、芸者になることを「左褄を取る」という所以です。  

ちなみに花嫁衣装や花魁の衣装では右褄を取るのが一般的です。


 

裾引 菊川英山画 江戸花美人合・雪
 

だんだんと時代が進み江戸末期、明治時代になると女性は活発にどんどん外に出るようになってきました。

そして動きにくいこの裾引きは廃れていきます。

明治以降の現代では裾引きを着るのは婚礼時の打掛けや、芸者の座敷着に見られるだけになりました。 ただ、着物の長さは相変わらず長いままでしたので、ここで『おはしおり』が生まれることになります。  

 

今でも日本舞踊や新舞踊で芸者に扮して踊る時は裾引き姿になります。



腰下について

 

腰下とは


字のごとく腰から下だけの着物で裾引きの着物で踊る時の稽古用に用います。

裾引きは通常の着物の1.5倍の長さがあり、さらに比翼と言って裏にもう一枚着物が付いているので非常に重く動きにくいものです。

また裾が長いので、移動するときに裾を踏んでしまったり足に巻きついてしまったりします。
 
そこで稽古用に生まれたのが腰下です。

普通のお稽古着(浴衣含む)の上から巻くだけでとても簡単に裾引きのお稽古ができます。
 
腰下の付け方は裾引きと同じように、上前の衽部分を裏返して足を見せるようにし上部のひもを体に巻いて結びます。身長によって裾の長さは調整してください。
 
腰下は巻いて紐で縛って着るだけですので着方は簡単かと思いますが、実際に付けてみるとなかなか難しいようです。

 
 

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

67商品中 1-21商品

アイテムから探す

ブランドから探す

2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
休業日
ご注文は承っておりますがお問合せは営業日にお願いいたします。


ショップからのご案内

T店長のお役立ちコラム


ODORI Company ブログ

モバイルショップ