フォークダンス衣装

カテゴリー一覧



フリルやステッチのきいた可愛いフォークダンスコスチュームやダンスにピッタリの国産本革製フォークダンスシューズを取り揃えました。

日本のフォークダンスの歴史



フォークダンスの父

日本でのフォークダンスの始まりは、大戦直後までさかのぼります。

1946年の秋、GHQの民間情報教育局(CIE)の主任教官として長崎に赴任していた、アメリカのウィンフィールド・ニブロという方が
長崎県幹部との会食中の余興をきっかけとして現地にフォークダンス(スクウェアダンス)を伝えたのが始まりとされています。

「日本のフォークダンスの父」とも称されたニブロ氏は、各地で講習会を精力的に行ないフォークダンス(スクウェアダンス)を広めて行きました。

男女が手を取って一緒に踊るフォークダンスの普及を通じて、民主主義教育と男女平等の理念を広めることも狙いだったといわれます。


その後北海道に赴任したニブロ氏は、1949年にスキー大会のために札幌に来ていた三笠宮崇仁親王のためにダンスパーティを開き
親王にスクエアダンスを披露するとともに踊り方を教えたそうです。これをきっかけに三笠宮親王は日本レクリエーション協会総裁に就任されました。


日本での勤務を終え1951年にアメリカに帰った彼はその後もさまざまな国に赴任したのち、1976年から1985年までチャイルドケアセンター(日本でいう保育園)で子供たちに体育を教え2007年3月8日、94歳で亡くなりました。


長崎県のハウステンボスでは毎年春に「ウインフィールド・P・ニブロ記念 佐世保・ハウステンボス フォークダンスフェスティバル」という名前のフォークダンスのイベントが開かれているそうです。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

16商品中 1-16商品

アイテムから探す

ブランドから探す

2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
休業日
ご注文は承っておりますがお問合せは営業日にお願いいたします。


ショップからのご案内

T店長のお役立ちコラム


ODORI Company ブログ

モバイルショップ