帯の種類

●帯は女性用と男性用に分かれます。
 女性用と男性用それぞれの特徴を説明します。

【女性用の帯】

丸帯(巾/約32cm 長さ/約4m20cm)

丸帯

礼装、正装用として最も格調高い帯で、現在では花嫁衣裳、芸妓、舞踊の衣装などに用いられてます。
広巾に織ったものを二つ折りにして端を縫い合わせて芯を入れたもので両面に模様が入っています。

 袋帯 (巾/約30cm 長さ/約4m20cm)

袋帯

丸帯に代わる現代の礼・正装、晴れ着用として代表的な帯です。

本袋帯と縫い袋帯の二種類あり、最近ではほとんどが別々に織った表地と裏地を縫い合わせた縫い袋帯になっています。
表だけに模様があり、裏は無地もしくは地模様になっており、丸帯より軽くて締めやすいのが特徴です。

おしゃれ袋帯というものもあり、これはおしゃれ着専用の帯で、織りのきものや小紋などに好んで用いられます。
最近ではリバーシブルで使用できるおしゃれな帯もあり、礼装用以外のほとんどの着物で用いられます。
 

・九寸なごや帯 (巾/約30cm 長さ/約3m60cm)

お太鼓の部分は普通の帯巾で、胴に巻く部分は半巾になっており芯地が入っています。

略礼装等にも使える格式の高い織りの帯から街着や普段着用の染め帯まであります。

・八寸なごや帯 (巾/約30cm 長さ/約3m60cm)

8寸名古屋帯

袋なごや帯とも言われ、芯なしで両側をかがって仕立てています。

九寸なごや帯を更に簡素にしたもので、一般的に九寸なごや帯より格は少し劣ります。
 

・腹合わせ帯 (巾/約30cm 長さ/約3m60cm)

腹合わせ帯

表と裏を布地・柄・色の違うものを二枚合わせて、芯を入れて仕立てた帯で、表と裏の組み合わせで、昼夜帯・鯨帯などと呼ばれています。
リバーシブルで使える楽しさがあり、踊り用の帯やおしゃれ帯として使用されます。

・半巾帯 (巾/約15cm 長さ/約3m20cm〜3m60cm)

半巾帯(小袋帯)

半巾帯(単帯)

普通の帯の半分巾の帯を半巾帯といい、単帯と小袋帯があります。
単帯は最初から半分の巾で織ったもので、普段着や浴衣などに用いられます。
小袋帯は袋状に織ったもので、踊り用、パーティー用、普段着用と用途は様々です。
 

【男性用の帯】

・角帯 (巾/7〜13cm 長さ/約4m) 

角帯

・兵児帯 (巾/40〜90cm 長さ/3m20cm〜4m) 

角帯は男性の礼装から普段着まで幅広く用いられ、種類としては芯を入れて仕立てる丸帯や袋帯に織られたもの、厚手の一重ものなどがあります。

兵児帯は男子や子供の帯で街着や普段着として用います。
 

《広巾 帯の柄の入り方》

●女性用の帯で広巾の丸帯、袋帯には柄の入り方が三通りあります。

◎全通柄

帯全体に模様が入り、とても華やか帯で、総柄(そうがら)、通し柄とも呼ばれています。

◎六通柄

帯の六割に模様が入り、帯を締める時に胴に巻くひと巻き目の部分には模様が入っていません。

◎お太鼓柄

結んだ時にお太鼓部分と胴に巻く二巻き目の前側にのみ模様があります。
お太鼓結び用として用い、とび柄とも呼ばれています。
 

アイテムから探す

ブランドから探す

2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2021年11月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
休業日
ご注文は承っておりますがお問合せは営業日にお願いいたします。


ショップからのご案内

T店長のお役立ちコラム


ODORI Company ブログ

モバイルショップ